はんこを押すのは中身を確認してから…

  • RSS

会社内での地位が高くなればなるほど、はんこを押す機会は増えると思います。
わたしが勤めている会社でも例外なくそのとおりです。
残念ながらわたしはただのペーペーですので、はんこを押す機会は人並みですが。
そんなわたしが勤める会社では、定期的にとある業務がありまして、その業務の際に莫大な量の資料を作成します。
似たような資料をわんさか作成し、確認し、提出します。
その際、ペーペーのわたしのはんこが必要な書類もあるのですが、なんせペーペーですからお偉いさん程はありません。

しかし、お偉いさんは違います。
わたしが勤めているのは小さな支店なので、支店の一番偉い店長さんのはんこがいるわけです。
店長さんもはんこを押すことは知っているので、その時期になるとわたしのまわりをうろつき始め、「そろそろかな?」と出番を伺っています。
店長たるものやはり忙しいので、いつも支店内にいるわけではないので、チャンスあらばはんこを押しておきたいのでしょう。
やたらと「押す?押す?」などと話しかけてきます。
しかしこちらもやることがわんさか。
店長の留守中に書類が完成してしまうことが多いのです。

そんな時は、申し訳ないな~と思いつつも、「全ての書類にはんこを押してください!」とふせんを貼りつけて店長の机へ置いて帰っちゃいます。
疲れて支店へ帰ってきた店長を思うと不憫でならないのですが、わたしの倍以上のお給料をもらっているんだから仕方ないよネ。
人知れず、はんこマシーンと化していることでしょう。
それにしても、ちゃんと中身確認してんのかしら、店長さん・・・。

〔安心・人気のWEBサイトのご紹介〕
ネットでの印鑑購入は、不安ですか?
ご注文前に仕上がりイメージの確認ができ、 10年間の彫り直し保証も付いた安心サービスがあります!
印鑑作りは日本最大級!安心の印鑑通販専門店【ハンコヤドットコム】へ

このページの先頭へ